オンラインカジノにおける税金対策

オンラインカジノで稼いだ配当金は一時所得、または雑所得にあたるため、確定申告をして納税しなければいけません。
申告をせずに脱税することは犯罪ですが、可能な限り払う税金を抑えたいと思うのは自然なことであり、法律の許す範囲であれば税金対策をすることは特に悪いことではありません。
そこで今回の記事では、可能な範囲でできる税金対策についてご説明していきたいと思うので、ぜひ参考にしてみてください。

(オンラインカジノにおける税金対策)
1.勝ち過ぎない
オンラインカジノでの利益が該当する一時所得は、50万円の特別控除額が定められています。つまり、オンラインカジノで稼いだ年間利益が50万円を超えなければ、所得税は免除されるということです。
このことから、オンラインカジノにおける税金対策では、50万円以上は勝たないようにして所得税を免除とすることが最も簡単な方法であるといえます。
そうはいっても、せっかく勝てそうな状況なのに無理矢理ゲームを切り上げるのはもったいないですし、50万円以上稼ぎたいという人もいらっしゃると思います。
それぞれの理由で50万円以上の年間利益が出た場合は、課税される所得金額を税率が上がるラインを超えないように調整する方法も考えられます。

2.多額の入出金を繰り返さない
銀行は所得税が発生する可能性がある入出金を確認すると、そのことを税務署へ報告するように義務付けられています。
報告対象となる送金は、海外送金の場合は100万円以上の取引です。
また、口座にある資金の増減が激しいことも税務調査対象となり、厳しいチェックが入る可能性が高くなります。
このことによって万一税金の申告漏れが発覚した場合は、追徴課税が発生する可能性もあります。
以上のことから、オンラインカジノでのプレイに熱が入るとついつい入出金が激しくなるケースがありますが、税務調査される確率を少しでも下げるためにも、多額の入出金はできるだけ控えた方が得策だといえます。
だからといって、確定申告をしなくても良いというわけではないので十分注意してください。

3.支出を把握する
ここまでに、オンラインカジノによる年間利益を50万円以下に抑える方法や、多額の入出金を控える方法をご紹介しましたが、税金対策をするうえで一番全うで確実な方法は、支出管理を徹底することです。
オンラインカジノで得た利益は確定申告する必要があるため、支出をしっかり把握していなければ申告書類を作成することはできません。
また、不備のある雑な書類を提出してしまうと、本来払う必要のない税金を払わなければいけなくなる可能性もあります。
以上のことから、オンラインカジノにおいて最も効果的な税金対策は徹底した支出管理だといえるので、入出金額や手数料など、オンラインカジノに掛けた費用は逐一記録しておくことをおすすめします。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。