多くの人がやっている、オンラインカジノで高確率で負ける方法2

「多くの人がやっている、オンラインカジノで高確率で負ける方法?」に引き続き、多くのプレイヤーが知らないうちにやってしまっている高確率で負ける方法についてご説明していきます。

(オンラインカジノで高確率で負ける方法)
1.1つのゲームに同じ金額を賭け続ける
1つのゲームに同じ金額を賭け続けることで、プレイヤーが負ける確率が高まってしまうことが考えられます。
なぜ負けてしまうのかは、大数の法則というものを知る必要があります。
大数の法則とは、回数が増えることで確率が安定するという法則を指します。
少しわかりにくいので、コインの裏表を例に挙げてもう少し詳細にご説明します。
コインの表が出る確率は1/2ですが、コインを10回投げるだけでは表裏に偏りが出てしまうため、必ずしも1/2の確率になるとは限りません。
しかし、コインを1万回投げたとしたら話は違ってきます。
10回に比べたら1万回は圧倒的に投げる回数が多く、それに伴ってコインの表が出る確率は限りなく1/2に近づいていきます。
これは、投げる回数を2万回や3万回に増やすほどに1/2の確率に近づいていき、この法則が大数の法則といわれています。
この大数の法則をオンラインカジノに当てはめると、同じ金額でのベット回数を重ねれば重ねるほどそのゲームで設定されている控除率に近づいていくことになり、プレイヤーは負けに近づいていくことになります。
このことから、オンラインカジノではベット金額に強弱をつけることと、1つのゲームに対する勝負回数をなるべく増やさないことが大切だといえます。

2.大きく勝つまで賭け続けてしまう
本当は止め時であるのに、「あともう少し」という欲が出てしまって負けてしまうことは非常によくあるパターンです。
これはオンラインカジノをプレイしたことがある人であれば、「あの時止めておけばよかった」ということはほとんどの人が経験済みなのではないでしょうか?
これは先ほどと説明した大数の法則が関係しており、あともう少しとプレイ回数を重ねてしまった結果、負ける確率を高めてしまったといえます。
オンラインカジノで利益を上げたいなら、あらかじめどれだけ勝ったら止めるかなどの止め時を決めておくことが有効です。
止め時の指標がないとズルズルとプレイしてしまうことはよくありますが、止め時を決めておけば「あともう少し」という気持ちをグッとこらえやすくなり、勝ち逃げをすることが可能になります。
この方法で重要なことは、あらかじめ決めておいた止め時のルールは必ず守ることです。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。