ルーレット専用の攻略法「マンシュリアン法」

マンシュリアン法はルーレット専用の攻略法であり、コーナーベットを利用して5ゲーム以内に利益を出すもので、短期で稼ぎたい時に向いています。
具体的には、負けたらコーナーベットするエリアを1つずつ増やしていく手法です。
ちなみにコーナーベットとは、勝率が約11%で配当は9倍、隣り合う4つの数字にベットすることを指します。
マンシュリアン法では負けるごとにコーナーベットが増えていき、ベットするユニット数は「1⇒1⇒2⇒4⇒8」の順に増えていきます。
このことから、5回のうち1度でも勝つことができれば利益を獲得できることになります。
具体的な使い方は次の通りです。

1.「13、14、17、16」に1ユニットをコーナーベットする。
2.負けた場合は、新たに「32、33、36、35」に1ユニットのコーナーベットを追加する。
3.さらに負けたらコーナーベットを追加し、各エリアには2ユニットずつベットする。
この段階で、総賭けユニット数は6ユニットとなる。
4.これ以降も?の手順と同様に、新たなコーナーベットを加えて各ベットの賭けユニット数を、前ゲームの2倍にする。

マンシュリアン法は、お試しプレイなどで実際に使ってみた方が理解を深めやすく、より早く使いこなすことができると思います。
次に、マンシュリアン法のメリットについては、ゲームを重ねるほどに勝率が高まっていくことが挙げられます。
これはなぜかというと、この手法は負けるごとにベットエリアが広がっていくので、それに比例して勝率が上がっていくからです。
また、5ゲーム以内で1勝することが出来れば必ず利益が出ることから、短期間で稼ぐことができるのもメリットだといえます。
一方で、5連敗すると損益が確定してしまうことがデメリットであるといえます。
マンシュリアン法は5回以内に勝つことが利益確定の鍵であるため、5回目で勝つことができずにゲームを続けてしまうと、どこで勝ったとしてもマイナスとなってしまいます。
このことから、マンシュリアン法の切り上げ時は5回目だと考えることができます。
これは切り上げ時がかなり明確であるともいえるので、5回以内に勝つことができる実力や、「今日は勝てる気がする」という運の流れがあれば効率よく稼げることが期待できます。
ルーレットはベラジョンカジノなどで無料プレイができるので、いきなり本番でマンシュリアン法を使うのではなく、いくらか練習を積んだ方が効果を実感しやすいと思います。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。