複数の賭け方を組み合わせたルーレットの攻略法

「ルーレットの基本的な賭け方と勝つ確率」ではルーレットの基本的な賭け方を一つひとつご紹介しましたが、今回ご紹介する攻略法は、赤黒賭けやハイロー賭けなどよりも出現する確率が高く、ストレートベットよりも配当が高いものです。
覚えておけばゲームを有利に進めることが可能であるため、ぜひ覚えて試してみてください。

1.当たる確率94.5%のべアビック法
べアビック法はダズンベットとストレートベットか、コラムベットとストレートベットの組み合わせです。
具体的には、ダズンベットの横3列のうち2列にベットし、「0」を含めた13個の数字の中から11個のストレートベットをする、またはコラムベットの縦3列のうち2列にベットし、先に述べたような11個のストレートベットを行う方法です。
べアビック法の配当は35倍であり、出現率はアメリカンルーレットが約92.1%、ヨーロピアンルーレットが約94.5%です。
ダズンベットやコラムベットに加えて、11個ものストレートベットを行うため、高配当でありながら比較的高確率で当たるというメリットがあります。
ただし、1度のベットで35枚分のチップを使用することから1度でも負けると大きな損失を被ることになるため、べアビック法だけに頼るのは得策ではありません。
他の攻略法と組み合わせて、「ここぞ!」という時に使うことをおすすめします。

2.最大で143倍の高配当!当たる確率24.3%のフラワーベット
フラワーベット法は「0」以外の1つの数字を軸にして、その周りの8カ所の数字にもベットする攻略法です。
ストレートベットとコーナーベット、スプリットベットの3つの賭け方を駆使するため、合計で9カ所にベットすることになります。
配当はベットエリアのどこが当たるかによって異なり、8倍から最大で143倍となっています。
ベットした9カ所のどこかに当たる確率は約24.3%であり、べアビック法ほど高い出現率ではありませんが、運が良ければ最大で143倍もの高配当は手に入るのはとても魅力的です。
ただし、1回のフラワーベットで9枚のチップを使うことになり、最小配当の8倍の場合は利益は0となるので、頻繁に使うことは避けた方が良いでしょう。

ルーレットのハウスエッジはアメリカンルーレットの場合で6.4%、パチンコで7%から10%、競馬が20%から25%、宝くじが50%であるため、今回ご紹介した攻略法と他の攻略法を組わせてルーレットをプレイした方が稼げる可能性が高く、夢のあるギャンブルだといえるため、ぜひ試してみてください。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。