暗号資産で入出金するメリット4選

暗号資産は実態がないというのもあり、現金の方が安心して使えるという理由で暗号資産を持っていない方はまだまだ大勢いらっしゃいます。
しかし、一度決済手段として暗号資産を使ってみると、その便利さに驚く人も多くいらっしゃいます。
そこで今回は、オンラインカジノにおいて暗号資産で入出金するメリットを4つ厳選してご紹介していきます。

1.送金手数料が安い
暗号資産を決済手段として利用するメリットとして、送金手数料の安さが挙げられます。
「エコペイズなどの電子マネーなら送金手数料が無料だから、その方がお得だ」と思う方もいらっしゃるかもしれません。
確かに、電子マネーはベラジョンカジノといったオンラインカジノへの送金は無料ではありますが、銀行口座やクレジットカードなどから決済サービスへの入金や、決済サービスから銀行口座への出金には手数料が発生するため、結局は手数料が有料ということになり、その額は暗号資産よりも高くつくケースがほとんどです。
具体的な金額を挙げると、現金で出金するには数百円から数千円などの金額がかかりますが、日本円からドルに換金することを考慮するともっと高い手数料が発生することになります。
一方でビットコインは日本円からドルに換金するといった手間を省くことができ、送金手数料は1,000円ほどに収まることが多く、場合によってはもっと安くすることができます。

2.送金スピードが早い
電子マネーなどの決済サービスで入金した場合は、平均で4時間ほどはかかるといわれており、オンラインカジノによっては2日から3日かかることもあります。
それに比べて暗号資産の送金時間は最速で10分程度、遅くても1時間程度であり、24時間365日いつでも送金することが可能であり、他の決済サービスよりもかなり便利であることが分かります。

3.匿名性が高い
決済サービスによっては個人の名前やクレジットカードの番号などといった個人情報が知られてしまうリスクがありますが、暗号資産はそのような危険性はほぼありません。
なぜかというと、暗号資産の送金で必要なのは専用の特殊な文字列だけであり、個人のアドレスやその他の個人情報と結びつけることは非常に困難だからです。

4.サービスが停止することがない
暗号資産は日本円やドルのような管理者がいないため、各国政府や中央銀行によってサービスが停止されるなどといったことはありません。
エコペイズやアイウォレットなどの電子決済サービスは運営側の都合によって、いつサービスが停止されるかわかりませんが、暗号資産はそのような心配をする必要がありません。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。