オンラインカジノで安全に遊ぶためにチェックしておきたいソフトウェア1

オンラインカジノを運営している企業と、ゲームを開発している企業は別であることをご存知でしょうか?
実は、オンラインカジノは運営企業がソフトウェアの開発企業と契約を結ぶことでカジノゲームが楽しめる構造になっています。
そのため、契約しているソフトウェア企業は1社とは限らず、複数の企業と契約していることはよくあることであり、だからこそ非常に豊富で個性豊かなカジノゲームをプレイできるようになっています。
また、このことから違うオンランカジノでも採用しているソフトウェアが同じなら、同じカジノゲームをプレイすることが可能です。
オンラインカジノで遊ぶうえではオンラインカジノの運営企業がライセンスを取得し、法的に正式に運営していることをチェックすることが安全に遊ぶためにも重要なことですが、
ソフトウェアまでチェックしていない人は思いのほか多くいらっしゃいます。
オンラインカジノの運営側がどんなに安全な運営に力を入れていても、もし採用しているソフトウェアに不正があれば公平性が保たれておらず、プレイヤーが勝つことはかなり難しくなってしまいます。
このようなトラブルを避けるためにも、オンラインカジノは運営だけでなく、採用しているソフトウェアの公平性や安全性などにも気を配ることが大切になります。
では、オンラインカジノに採用されているソフトウェアが安全かどうか確認するには、何を基準にして確認すれば良いのでしょうか?
認知度が高くて世界中のプレイヤーから人気のあるオンランカジノが採用しているソフトウェアであれば比較的安全性が高いといえますが、さらに分かりやすい基準は第三者機関のチェックを受けていることです。
第三者機関とは、オンラインカジノが採用しているソフトウェアに不正がないかどうかを審査する機関のことをいいます。
運営企業やソフトウェア企業とは独立した第三者という立場からチェックを行うため、この機関からチェックを受けて審査を通過しているソフトウェアは、世界的にも安全性が高いということができます。
それではここからは、世界的にも信頼性がとても高い第三者機関をご紹介します。

1.eCOGRA(イーコグラ)
イーコグラは英国の第三者機関であり、主にオンラインゲーミングのシステムやソフトウェアの審査を行っていますが、オンラインカジノ業界でもその実績から信頼を獲得しています。

2.mga(MALTA GAMING AUTHORITY)
mgaはイーコグラと同様に世界的に信頼されている審査機関であり、本社はマルタ島にあります。
ゲームソフトのハードウェアの機能公平テストや、データのバックアップチェック、顧客管理システムの審査などを行っています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。