テキサスホールデムにおける役2

「テキサスホールデムにおける役?」に引き続き、ゲーム中で使用されるカードの組み合わせである役について紹介していきます。
「テキサスホールデムにおける役?」ではストレートまでをご紹介したので、今回はストレートよりも強い役について触れていきます。

1.フラッシュ
テキサスホールデムなどのポーカーでは、スペードやハートなどといったトランプの4つのマークのことをスートといいます。
フラッシュは、手元にある5枚のカード全てが同じスートである役のことを指します。
フラッシュ同士の勝敗はあくまで5枚の手札の中で最も強い数字を比べて決めるものであり、スートのランク自体は勝敗と特に関係ないので注意が必要です。

2.フルハウス
同じ数字が3つ揃うスリーカードと、同じ数字の組み合わせが1つあるワンペアが組み合わさった役をフルハウスといいます。
フルハウス同士の勝負となった場合は、最初にスリーカードを構成する数字のランクを比較し、それでも同順位の場合はワンペアを構成する数字のランクで勝敗を決します。

3.フォーカード
同じ数字が4つある組み合わせと、それ以外の数字が1つある役をフォーカードといいます。海外では一般的に、フォーオブアカインドや、クワッズなどと呼ばれています。
フォーカード同士の勝負となった場合は、最初にフォーカードを構成している数字のランクを比較し、それでも勝敗は決まらない場合はフォーカード以外の1つの数のランクを比較します。
ただし、フォーカードには例外があり、それは共通カードでフォーカードを構成しているケースがあたります。

4.ストレートフラッシュ
連続する5枚の数字の組み合わせであるストレートと、手元にある5枚のカード全てが同じスートであるフラッシュが同時に成立している役を、ストレートフラッシュといいます。
ストレートフラッシュ同士の勝負となった場合は、5枚の手札の中で最も強い数字を比べて勝敗を決することになります。
フラッシュと同様に、スートのランク自体は勝敗と特に関係がないことを覚えておいてください。

5.ロイヤルストレートフラッシュ
ストレートの中でも最も強い組み合わせである「10JQKA」と、手元にある5枚の手札全てが同じスートであることが成立している役を、ロイヤルストレートフラッシュといいます。
海外では、ロイヤルフラッシュと呼ぶのが一般的のようです。
ロイヤルストレートフラッシュは最強の役とされていますが、出現率は0.0031%という超が付くほどの低い確率であり、10万回トライして3回お目にかかれるかどうかといわれるほどの幻の役です。
そのため、一度でもお目にかかることができれば非常にラッキーだといえるし、ロイヤルストレートフラッシュで勝負に勝ち残ることができれば非常に格好良いですよね。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。