テキサスホールデムの勝率を上げるポイント

テキサスホールデムの勝率を上げるポイント

(本文)
ポーカーで強い役を引き寄せるには運による要素が大きく、ポーカーの1種であるテキサスホールデムでも同じことがいえるため、「これさえできれば100%勝つことができる」といったような攻略法は残念ながら存在していません。
しかし、100%勝てるわけではなくても、勝率を上げるためのポイントはあります。

1.役に対して柔軟な姿勢を心掛ける
テキサスホールデムではベットをするためのラウンドがいくつかあり、そのうちの1つであるフロップ・ラウンドでは手札2枚と共通カード3枚がオープンされた状態にあります。
この段階で手札がハイカード、いわゆるブタであったとしても諦めるのはまだ早いといえます。
なぜならばまだオープンになっていない残りの2枚の手札次第で、今より良い手札を作ることができる可能性があるからです。
しかし、4枚目の共通カードがオープンしているターン・ラウンドになってもまだハイカードの状態であるなら、フォールドするかベットするかのどちらを決断する必要があります。
もしこの判断を迷ってしまうと、ここまでのチップがもったいないというマイナス思考に陥ることや、ずるずると最終ラウンドまでベットし、無謀なオールインをする状況に陥る可能性があります。
こういった負けパターンを防ぐためには、フロップ・ラウンドの段階で自分の役が伸びる可能性があるかどうかを判断し、伸び率が期待できなければ早めにフォールドすることも考えておくなど、柔軟な姿勢が必要になります。

2.テーブルの個性を考慮する
テーブルの個性とは席についているプレイヤーの性格や、アクションする順番などを指します。
テキサスホールデムは最後にアクションする方が意思決定の情報量が多くて有利だとされているため、ディーラーボタンに近いプレイヤーほどチェックをして様子見をするなど、慎重なプレイに徹する傾向があるといえます。
このことをもとに考えると、ディーラーボタンに近い席であるはずなのにやたら強気なアクションをするプレイヤーがいたら、そのプレイヤーは強い手札を持っているかもしれないという推測が成立します。
ただし、上級者はこのようなセオリーを逆手にとって、自分が強い手札を持っているように見せかけることもあるので注意が必要です。

3.駆け引きに頼り過ぎない
テキサスホールデムは駆け引きの力も重要ですが、そればかりに気を取られるよりも、手札の伸び率の可能性を素早く判断することや、相手のアクションやプレイスタイルなどを慎重に見極めることに力を注いだ方が良いでしょう。
そうやって経験を重ねることで、駆け引きのタイミングや、駆け引きをした方が有利な局面などが分かるようになっていきます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。