ドラゴンタイガーの基本的なルール

ドラゴンタイガーという名前がかっこいいこのカジノゲームは、アジア圏を中心に人気を集めており、ゲームの性質としてはサイコロの出目が奇数か偶数なのかを予想する丁半に似ているといわれています。
また、カジノゲームの王様であるバカラにも良く似ているといわれています。
では、基本的なルールはどのようなものかというと、バカラはプレイヤーやバンカー、タイにベットをしますが、ドラゴンタイガーはドラゴンかタイガーにベットするというシンプルなものです。
また、配られたカードの数字の大きさによって勝敗を決し、その結果に応じた配当を受け取ることができるというルールもバカラとよく似ています。
さらに、ドラゴンタイガーはドラゴンとタイガーそれぞれ1枚のカードの数字の大きさで勝敗を決めるという、バカラよりもさらに潔いゲームとなっています。
このカジノゲームはディーラーと競うゲームではないため、ディーラーの腕というものは特に関係ありません。また、ドラゴンかタイガーのどちらかに賭けていた時に引き分けになると賭け金の半分が没収されてしまいますが、この時にタイに賭けていれば9倍の配当を受け取ることが可能です。
ただ、9倍の配当という時点でピンときた方もいらっしゃると思いますが、9倍というのはかなりの高額配当であり、その分だけ当たる確率も低いということなので、基本的にはドランゴンかタイガーのどちらかに賭けておいた方が得策だと考えられます。
次に、ドラゴンタイガーのカードの優劣ですが、かなりシンプルにカードの数の大きさがそのまま強さに反映されます。
バカラやブラックジャックなどはJ、Q、Kといった絵柄のカードを10と数えたり、Aを1や11と数えたりしますが、ドラゴンタイガーではそのような数え方はしません。
従って、バカラやブラックジャックなどと同じような感覚でいるとミスにつながってしまう可能性もあるので注意が必要です。
また、ドランゴンタイガーはバカラによく似ていることと、基本的に1/2の勝率のカジノゲームであることから、バカラで使うことができる攻略法を適用することが可能です。
例えばコツコツ稼ぎたいタイプであるなら、負けたら前回の賭け金を倍額にしてベットするマーチンゲール法があります。マーチンゲール法であれば、1回勝つことができれば今までの損失額を取り返すことができます。
また、一気に稼ぎたいなら勝った時に前回の賭け金の倍額を賭けるパーレー法を使うことができます。
ドラゴンタイガーはルールがシンプルであるがゆえに、プレイヤーのスタイルにも柔軟に合わせることができるのが魅力です。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。