ルーレットの勝率を上げる基本戦略

ルーレットは色や数字に賭ける単純な構造のゲームではありますが、勘に任せて闇雲にチップを置くだけではなかなか当たらない難しさもあります。
そのため、ルーレットには少しでも勝率を上げるための基本戦略があり、この戦略を習得することで闇雲に賭けるよりも利益を上げることが期待できます。
ルーレットの賭け方には大きく分けて、インサイドベットとアウトサイドベットの2種類があり、その中でもさらに手法が分かれていて、2分の1の確立で勝てるものから、37分の1という低い勝率でありながら高額配当が狙えるものまで様々です。
これらの様々な賭け方を駆使して理論的に勝つ賭け方を考えることも大事ですが、もう1つ重要な戦略として、「出目の傾向を読む」ことが挙げられます。
ルーレットが確率型のゲームであり、オンラインカジノのルーレットはプログラムを基に出目が決定されるとはいっても、実際のルーレットの出目傾向を基にプログラムされていることから、短期的に出目の偏りは発生することは十分に考えられます。
従って、この出目の偏りを分析してベットエリアを考えることが、ルーレットの勝率を上げるためには非常に重要な戦略となります。
では、出目の偏りを分析するにはどうすればいいかというと、出目の傾向が分かるまで「待ち」に徹することです。
ゲームを開始してから数回ゲームをしただけなど、さほど時間が経っていない時は出目の傾向が分からない時も多く、もし何らかの傾向があったとしても短時間で判断してしまうのは早計です。
出目の傾向が掴めていない状態で勘に頼って賭けてしまうと、気付かないうちに資金を溶かしてしまっており、最悪の場合せっかく絶好のチャンスが来ても資金が足りなくて逃してしまうということもあり得ます。
従って、出目の傾向が見えるまでは焦らず待ちに徹する姿勢も、勝つためには重要になります。
また、出目の傾向を掴むことに慣れるまでは、アウトサイドベットに徹することをおすすめします。
アウトサイドベットとは2倍配当や3倍配当など、比較的低い配当金ではありますが2分の1などの高い確率で勝つことができる賭け方のことです。
アウトサイドベットであれば初心者でも思いのほか簡単に勝つことができる賭け方なので、ある程度のルーレットの知識が身につくまでは、主にアウトサイドベットで勝負する方が無難です。
そうしてある程度慣れてきたら、勝率が低い代わりに高額配当を狙うことが出来るインサイドベットの賭け方もいくつか覚えてみましょう。
複数の賭け方を覚えておけば、それらを組み合わせることで賭け方の選択肢を広げることができ、ここぞという時に勝ちにいく武器を作ることもできます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。