ルーレットで遊ぶなら挑戦したい、一攫千金狙いの方法1

オンラインカジノで最も一攫千金の夢を見ることができるゲームはスロットですが、スロットでジャックポットを獲得できるかどうかは完全に運任せです。
それに比べてバカラやジャックポットは高額配当を狙うことは望めませんが、ルーレットなら戦略を駆使して賭け方を考えることで一攫千金を狙うことも夢ではありません。
ルーレットには様々な賭け方がありますが、基本的な賭け方の中で高額配当を狙える手法を選ぶなら、ストレートベットが良いと考えられます。
ストレートベットとはルーレットの数字の中からただ1つの数字を選び、それに賭けるという手法で、約36倍の高額配当を狙うことができます。
つまり、1万円賭けた時にストレートベットで勝つことができれば、たった1回のゲームで36万円を手に入れることができます。
これはかなり魅力的なことではありますが、ストレートベットは勝率が約3%とかなり低い確率であるため、ここぞという時だけ使う方が無難です。
例えば、連続でストレートベットを使用すると一気に資金を溶かしてしまう危険性が高いですが、赤か黒のどちらかに賭ける勝率が1/2のカラーベットを併用するなど、勝率が高い賭け方と組み合わせて使用すれば、いくらかリスクを抑えつつ高額配当を狙うことも可能になります。
また、ストレートベットには応用的な手法であるフラワーベットというものがあります。
フラワーベットはストレートベットと同時に、賭けた数字の周囲の8カ所にも賭ける手法で、ルーレットの最高額配当である約144倍の配当金を獲得することができます。
例えば1万円賭けたとして、フラワーベットで勝つことができれば一瞬で144万円を獲得できるのですから、波に乗っている状態でここぞという時があれば、一度は使用してみたい手法です。
フラワーベットのやり方は、ストレートベットで本命の数字に賭けたら、その数字を取り囲む8つの数字にも同額賭けるという簡単なものです。
フラワーベット法を使用すると、約36倍の配当であるストレートベットを1つと、約9倍の配当であるコーナーベットを4つ、そして約18倍のスプリットベットを4つ賭けることになるため、約144倍という最高額配当を狙えるようになります。
この手法はどの数字が当たるかで配当が変化します。

・本命の数字が当たれば、約144倍の配当
・本命の数字の上下左右の数字が当たれば、約36倍の配当
・本命の数字から斜めの位置にある数字が当たれば、約9倍の配当

以上のように、賭けた数字のどれかが当たれば配当金を獲得することができることから、外れた場合のリスクを抑えつつ最高額配当を狙える手法は、このフラワーベットだけだとされています。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。