ルーレットで遊ぶなら挑戦したい、一攫千金狙いの方法2

ルーレットで一攫千金を狙う方法には、ストレートベットやフラワーベットがあります。
それぞれの詳しいベット方法については「ルーレットで遊ぶなら挑戦したい、一攫千金狙いの方法1」を参考にしていただきたいと思います。
今回ご紹介する一攫千金を狙う方法はベット方法とは一味違い、ルーレットの出目の傾向を読んで利益を積み上げていくというものです。
ルーレットの出目はディーラーの癖や、出目の偏りなどで特徴的な傾向が出るため、それに合わせて賭け方に変化をつけることで勝率アップを狙います。
実際のカジノなら特徴的な傾向が出るかもしれないけれど、オンラインカジノの場合は特徴的な傾向なんて出ないのではないの?と思われるかもしれません。
確かに、オンラインカジノのルーレットはプログラムを基に出目を決定しているので、実際のカジノのように偏りは発生しにくいと考えるのは自然なことです。
しかし、実はオンラインカジノのルーレットのプログラムは、実際のカジノのルーレットの出目傾向を基に作成しているため、短期的に出目の偏りが発生することは十分考えられます。
出目の偏りを分析してベットエリアを判断することは、ルーレットの勝率を上げるためには非常に重要な戦略です。
そのため、このような必勝法があるということを知っているだけでも違うと思うので、選り好みせずにぜひ、ルーレットの傾向を読む方法を覚えておいて欲しいと思います。
では最初に、ルーレットの傾向を読む方法の1つであるネイバーベット法をご紹介したいと思います。
ネイバーベット法は、ルーレットを4つのエリアに分割し、4つのそれぞれのエリアにおける出目の傾向からベットエリアを決める方法です。
使い方は、次に示す通りです。

1.ルーレットのエリアを4つに分割した後、過去のゲーム結果からどのエリアに当選番号が集中しているのか、傾向を分析します。
2.1の分析によって4つのうちどのエリアが当選確率が高いか掴めたら、そのエリアを選択し、選択したエリアに含まれるすべての数字に、同額でストレートベットします。

例えばヨーロピアンルーレットなら、次の4つのエリアに分けることになります。

1 32、15、19、4、21、2、25、17、34
2 6、27、13、36、11、30、8、23、10
3 5、24、16、33、1、20、14、31、9
4 22、18、29、7、28、12、35、3、26

この4つのエリアのうち、1のエリアに当選する数字が集まっているという傾向が掴めたら、「32、15、19、4、21、2、25、17、34」に同額ストレートベットします。
ネイバーベット法は傾向が見えるまでに時間が掛かるので、焦らず我慢強く勝負どころを待てる人に向いている方法です。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。