ブラックジャックで遊ぶなら事前に知っておきたい基本ルール

ブラックジャックは、オンラインカジノゲームの中でも人気のゲームです。
人気の理由は、手元に配られた2枚以上のカードの合計が21に近い方が勝ちというゲーム内容のシンプルさと、バカラやルーレットなどと違ってディーラーと勝負できるからだと考えられます。
有名なゲームなので名前は知っているという方は多いですが、詳しいルールは良く知らないという方も思いのほか多くいらっしゃいます。
しかも、ルールは知っているという方も実は勘違いしている場合が多いというのも、ブラックジャックの特徴でもあります。
この勘違いのせいで、知らないうちに負けてしまったというケースもあります。
以上のことから、ブラックジャックをプレイしたことがないという初心者の方や、すでに知っているという方も基本に立ち返るために、ブラックジャック遊ぶなら知っておきたい基本ルールについて、簡単にご説明したいと思います。
ブラックジャックは先ほど申し上げた通り、手元の2枚以上のカードの合計が21に近い方が勝ちとなりますが、ディーラーはカードを手札の合計が「17以上」になるまで引き続けるというルールがあるため、それも考慮して戦略を立てていく必要があります。
また、ゲームをプレイしていると手札の合計を21にすることに集中してしまいがちですが、大事なのはディーラーの手札よりも自分の手札を21に「近づける」ことです。
手札の合計を21にするのではなく「近づける」ということを意識するだけでも、勝率は違ってくると考えられます。
何故なら、ブラックジャックは手札の合計が22以上になった時点で即負けとなるからです。
21にすることに固執してしまうと、本来ならカードを引かなくても勝てる可能性がある状況であるにも関わらずカードを引いてしまい、勝つチャンスを逃してしまう可能性が高くなります。
ブラックジャックで最も重要なことは「ディーラー」に勝つことです。
そのため、自分の手札の合計が22以上にならない範囲で意思決定を行い、状況によって自分はあえてカードを引かずに、ディーラーの手札の合計が22以上になることを狙うという戦略も有効です。
この戦略をうまく利用することができれば、自分の手札が21にはほど遠い低い数字であったとしても、ディーラーの手札の合計を22以上にすることで勝つが可能になります。
以上のことからブラックジャックで重要なのは、手札の合計値を21にすることではなく、次に出るカードの数字を予想しながら、ディーラーに勝つためのアクションを起こすことだといえます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。