ブラックジャックの勝率を上げる基本戦略1

「多くの人が勘違いしているブラックジャックのルール」という記事において、ブラックジャックで勝つための重要な戦略として、自分はバーストするリスクを取らずに、ディーラーにバーストさせる方法をご紹介しました。
この戦略はブラックジャックの勝率を上げるための基本戦略の1つであり、他にも勝率を上げる方法はあります。
ブラックジャックの基本戦略とは、プレイヤーに配られる最初の2枚のカードと、ディーラーに配られる2枚のカードのうちオープンしているアップカードの数字を基に、最も勝率が高いと考えられるアクションを確率的に導き出した戦略のことです。
この基本戦略に従ってアクションを決定するだけで、今以上に勝率を上げることが可能となります。
基本戦略を使えば100%勝てるという保証はありませんが、基本というだけあって、初心者の方はしっかり覚えておいた方が、今まで以上にブラックジャックを楽しむことができるでしょう。
それでは、ここからブラックジャックの基本戦略の解説に入りたいと思います。
基本戦略には、次に引くカードまたは伏せてあるカードが「10」であると仮定するという、重要な前提があります。
なぜこのような前提があるかというと、ブラックジャックでは絵札も「10」と数えることから、「10」のカードが出る確率が一番高いためです。
この前提を踏まえて、最初の手札の合計が17以上21以下であったとします。
この時に次のカードを引くと、約68%の確率で自分がバーストしてしまう可能性があるので、カードは引かない方が賢明だと判断できます。
この考え方を適用すると、次に挙げる場合分けが出来ます。

1最初の2枚の合計が17なら、次のカードが5以上でバースト
2最初の2枚の合計が18なら、次のカードが4以上でバースト
3最初の2枚の合計が19なら、次のカードが3以上でバースト
4最初の2枚の合計が20なら、次のカードがA以上でバースト

1から4までの場合のカード枚数が、自分がバーストしないカードの枚数より多いことから、無理にカードを引かずにディーラーがバーストする可能性に賭ける戦略をとる方が無難といえます。
ディーラーは手札の合計が17以上になるためカードを引き続けるため、引いたカードの数によっては負けになる可能性もありますが、無理にカードを引いて自分がバーストしてしまうリスクを背負う必要はないと考えられます。
今回は最初の2枚の合計が17以上21以下の場合をご紹介しましたが、最初の2枚の合計が11以下の場合など、基本戦略にはバリエーションがあります。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。