オンラインカジノ 手法


オンラインカジノの手法について記事を更新していくカテゴリです。

マーチンゲール法、パーレー法、グランパーレー法、グッドマン法、ピラミッド法などを紹介していきます。



自己資金の10%を賭ける10%投資法
10%投資法とは、ゲームをする時に自己資金の10%を賭け金として設定する手法です。 毎回の賭け金額を自己資金の10%とあらかじめ決めてしまっているため、ゲームを楽しみつつ資金管理も徹底したい人に向いているといえます。 この賭け方が効果を発揮するのは
全ての利益を失うリスクを避けながら利益を伸ばすイーストコーストプログレッション法
イーストコーストプログレッション法は、連勝したら利益の半分を確保しておき、もう半分を賭け金に上乗せする手法です。 この手法なら連勝して得た利益をたった1回で全て失うリスクを抑えられるうえに、既に得た利益を確保しながらさらに利益を伸ばすことを狙えます。
堅実に稼ぎたい人向きの10ユニット法その1
10ユニット法は資金管理重視の手法で、あらかじめ設定した目標利益とリミット額に従って賭け金を決めていきます。 他の手法よりも計画的な賭け方をするともいえるので、資金管理をしっかり行いながら堅実に稼ぎたい人に向いていると考えられます。 また、10ユニ
堅実に稼ぎたい人向きの10ユニット法その2
「堅実に稼ぎたい人向きの10ユニット法その?」では、10ユニット法の使い方についてご説明しました。 今回の記事では、10ユニット法のメリットやデメリットについてご紹介したいと思います。 10ユニット法は資金管理重視で、他のいろいろな手法と比べて堅実とい
任意の数列で賭け金を決めるラブシェール戦法
「堅実に稼ぎたい人向きの10ユニット法その?」と「堅実に稼ぎたい人向きの10ユニット法その?」でご紹介した10ユニット法は「1」を10個書いた数列を利用しましたが、ラブシェール戦法はさらに自由度が増した手法で、自分で任意に作った数列を利用してゲーム毎の賭け金を
手元にある利益の半分を守るハーフストップ法1
ハーフストップ法とはその名の通り、既に手元にある利益の半分を守る手法です。 この手法はゲームの止め時を明確に決めて使用するものなので、利益が出た時に気が大きくなりやすく、思い切って多額の賭け金を賭けてしまうようなタイプの方におすすめです。 ハーフス
手元にある利益の半分を守るハーフストップ法2
「手元にある利益の半分を守るハーフストップ法?」では、ハーフストップ法の概要と使い方、そしてメリットについてお伝えしました。 オンラインカジノはあともう少し頑張って稼ぎたいという欲が出やすく、その欲は誰でも持っているものです。 その欲のせいでゲーム
勝ち数が少なくても利益が見込めるモンテカルロ法
オンラインカジノには連勝することによって利益を生む手法や、リスク管理を徹底することで利益を生む手法など様々な手法がありますが、今回ご紹介するモンテカルロ法は少ない勝ち数でも利益を期待することができる手法です。 これらの手法は2倍配当に適している手法が多い
連敗した時の損失を段階的に回収する2in1法
2in1法とは「勝ち数が少なくても利益が見込めるモンテカルロ法」で紹介したモンテカルロ法を簡略化したもので、連敗した時の損失を段階的に回収することが可能であるため、リスクを抑えながら損失を取り戻したいときに使う手法となります。 具体的にどのような手法かという
損失を段階的に回収するとともに利益も得るウィナーズ投資法
ウィナーズ投資法は、名前だけを見るとすごく勝てそうな雰囲気を持っていますね。 この名前の勝てそうな雰囲気は伊達ではなく、損失を段階的に回収しながら利益まで獲得できてしまう手法であるため、より実践的な手法ともいえます。 「連敗した時の損失を段階的に回
<< 前ページ | 1 | 2 |