オンラインカジノとは? 気になる法律との関係について

カジノといえば、多くの人はラスベガスやマカオなど、海外の設備が整った施設に行って遊ぶものだというイメージがあるかもしれません。

それに、日本では賭博行為は法律で禁止されているので、そもそもカジノ自体が身近ではないという現状があります。

しかし、実はネット上で遊べる「オンラインカジノ」というものがあることをご存知でしょうか?
オンラインカジノは海外で流行っており、ヨーロッパだけでも約数千万人ものプレイヤーがいるといわれています。

近年はインターネットが発達し、ほとんどの人がスマートフォンを持つようになったことで、日本でもオンラインカジノのプレイヤーが増えてきているようです。

オンラインカジノは一体どういうものかというと、スマホアプリのようなカジノゲームとは違い、実際にお金をチップに替えてそれを賭けることでゲームに参加し、勝つことができれば勝った金額を配当として自分の手元に現金として引き出すことができます。

しかし、ここで「やっていることはギャンブルじゃないの?違法にはならないの?」と疑問に思うかもしれません。

確かに日本では、競馬や競艇や宝くじなどといった公営のギャンブルは許可されているものの、公営以外の賭博行為は禁止されています。

しかし、オンラインカジノは海外の政府が発行しているライセンスを取得したうえで合法的に運営しており、サーバーも海外に置かれているため、海外でカジノをしているのとほぼ同じであるという見解があります。

従って、賭博罪の適用範囲ではないという考え方があるため、グレーゾーンといわれています。
ただし、グレーゾーンというだけでオンラインカジノについては法律では明記されておらず、最高裁判所での判例もなく、合法であるとも言いきれないので、オンラインカジノをプレイしていることを他人に話したり、自宅以外でプレイするのは避けた方がいいと思います。

自宅PCや、個人で所有するスマートフォンなどで直接プレイするのであればグレーゾーンなのですが、カジノカフェなどのような、第3者を挟んで金銭の流れが発生すると賭博罪が適用される可能性があります。
ここまでオンラインカジノが違法でないかどうかについて説明するのは、オンラインカジノがどういういったものかということと、どういう行動が賭博行為に繋がるかを知っておけば、比較的安全に、安心して遊ぶことができるからです。

せっかく遊ぶなら、気兼ねなく思いっきり楽しみたいですよね。

オンラインカジノはホワイトとはいえないグレーゾーンであることを念頭において、時間がある時やプライベートでの楽しみの時間として、自宅で個人で所有している端末を使って楽しんで頂きたいと思います。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。