配当金にも税金はかかります!所得扱いになるので要注意

オンラインカジノは比較的還元率がいいため、ベットする金額やゲームの種類によるものの、大なり小なり配当金をもらうプレイヤーがそれなりに多くいます。

配当金を獲得したプレイヤーの中にはジャックポットで高額な配当金を獲得したかなりラッキーな人もいます。

配当金が大金でなくても、お金を獲得したら所得税が発生することをご存知でしょうか?

オンラインカジノは遊びながらお金を得ることができるためついつい忘れてしまうかもしれませんが、ゲームに勝ったタイミングが税金発生のタイミングだと考えておく必要があります。

もし申告しなかった場合は脱税となってしまいます。
納税は国民の義務であり、知らなかったでは済まされないため、これを機会に配当金に対する税金について知っておいて欲しいと思います。
宝くじなどのような非課税所得と違って、オンラインカジノで勝つことで得られた利益は個人の所得とみなされるため、所得税が課せられることとなります。

競馬やパチスロなどは法律で非課税所得の定めがないため課税の対象となるのですが、オンラインカジノも法律での取り決めがないため課税対象となることから、所得税を納める義務が発生します。
会社勤めの方は、給与に課税される所得税は天引きという形で納税されているのですが、オンラインカジノやその他の非課税所得以外のギャンブルによる利益や、副業で得た利益に対しては自分で確定申告をする必要があります。

ただ、所得税が発生するといっても、所得の全てが課税対象になるわけではなく、控除されるものもあります。
所得から必要経費を控除した後に、必要経費以外に控除されるものも差し引いた金額が課税対象となります。

これだけだと分かりにくいのですが、例えばオンラインカジノの場合は、プレイをするときにベットする金額が必要経費、勝った時に得た配当金が収入と考えられます。
ここで忘れてはならないのは、損失が出た場合を考慮することです。

オンラインカジノはギャンブルの1種であるため、勝つ時もあれば負ける時もあります。
そのため、オンラインカジノによる利益というと、獲得金額と損失金額を合算した金額を収入として考えてしまう人がいますが、それは正しくありません。
課税は収入を得た時に発生するため、損失が出た分は考慮する必要がないのです。

従って、オンラインカジノの所得は1年の勝敗の合算ではなく、勝った時の配当金のみを都度計算した利益に所得税が課せられることになります。
オンラインカジノはアカウント履歴やネットバンクなどの履歴で、個人の所得がデータとして残ります。
そのため、故意に納税していない場合はもちろん、知らないで放っておくと脱税とみなされるリスクがあります。

そうならないためにも、オンラインカジノの配当金は課税対象になることをしっかり覚えておきましょう。


オンラインカジノの税金についてはこちらの記事も参考にしてみてください。
配当金について個人で確定申告する時に知っておくべきこと
納税は義務だけど可能な限り押さえたい、オンラインカジノの納税対策
オンラインカジノにおける税金対策


オンラインカジノの他の記事はこちら
オンラインカジノ




コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。