オンラインカジノの公平性とイカサマ疑惑についての解説

オンラインカジノには興味があるけど、安全に遊べるのか?イカサマはされないのか?という心配がある人は多くいらっしゃると思います。

映画や漫画などの影響もあって、オンラインではなくてもカジノではイカサマが行われている可能性があるというイメージに繋がっている要因になっているかもしれません。

オンラインカジノは誕生してからまだ20年程度と歴史が浅いため、初期はセキュリティや監査の体制などが十分整ってはいませんでした。

そのため、一時は勝ったのに配当が支払われない、お金を入れたのにゲームがプレイできないなどのトラブルや、悪徳サイトによる詐欺行為などもありました。

このような状況を改善するために、政府による運営ライセンスの発行や、第三者機関による定期的な監査などでの詐欺行為の防止など、プレイ環境を整備する取り組みが行われてきました。

これらの動きが功を奏してオンラインカジノは成長し続け、今は世界中のプレイヤー人口が数千万人以上まで増加し、ヨーロッパやオーストラリア、カナダなどでは日常的に遊ばれているといわれています。
以上のことから、世界各国の政府が発行している運営ライセンスを持っているかが、安全に遊べるオンラインカジノを見分ける一つの目安といえます。

さらに、いくつかあるライセンスの中でもEU各国のライセンス取得が特に厳しく、マルタ共和国の審査が世界的にみても最も厳しいといわれているため、初心者の方であればマルタ共和国のライセンスを持っているオンラインカジノが最も安心してプレイできるのではないでしょうか。

また、ライセンス以外にも、信用できる企業が運営しているかどうかも安全なオンラインカジノを見分ける目安になると思います。

オンラインカジノの運営企業の中には、ロンドン株式市場やNASDAQなどの株式市場に上場している企業もありますし、スポーツチームのスポンサーなどを務めている企業もあります。

代表的なところを挙げると、パーティーカジノ運営会社であるレアルマドリード、Betfair総合ゲーミングサイト運営会社であるマンチェスターユナイテッド、大手カジノゲームメーカー運営のストーク・シティなどがあります。

また、ソフトバンクはBetfairの株式を約20%所有しているようです。

このように、サッカーファンでなくても聞いたことのある有名チームを保有する企業がオンラインカジノを運営していたり、ほとんどの日本人が知っているといえる企業が関わっている場合もあります。
非常に多くの人が知っているレベルの企業が、自分達の信頼を傷つけるような不正行為をすることは考えにくいので、イカサマ行為が横行することなく安全に遊べるオンラインカジノを探す目安となるといっていいと思います。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。