デメリットがいっぱい、カジノカフェをおすすめできない理由

あなたは、カジノカフェをご存知でしょうか?

カジノカフェはインカジとも呼ばれており、オンラインカジノが普及するにつれて、都市部や歓楽街にネットカフェのような空間でカジノを提供しているカジノカフェが増えてきています。

オンラインカジノとの違いは何かというと、オンラインカジノは個人が所有する端末でアクセスしてプレイするのに対して、カジノカフェでは店舗に利用料金を支払うことで店舗が提供する端末でオンラインカジノができ、もし勝った場合は店舗で清算、換金までできるというものです。

カジノカフェと使用すると上記のように店舗を介した金銭のやりとりが発生します。これが賭博罪に該当してしまう危険性があります。

実際に、2006年に京都にあるカジノカフェが摘発される事件が起こりました。ただし、賭博罪として摘発されたのはオンラインカジノそのものではなく、店舗内でカジノゲームに対する現金のやり取りが行われていた点が罪として問われたかたちです。

このオンラインカジノ摘発事件では、店員は常習賭博罪として裁かれ、客として入店した場合も単純賭博罪が問われることになりました。

このように、運営やサーバーが海外に置かれているオンラインカジノと違い、カジノカフェは日本国内で賭博の場所を提供している店でギャンブルをすることになるので、摘発の対象になる可能性があることを覚えておいて頂きたいと思います。

カジノカフェには、上記以外にもデメリットがあります。それは、公平性や安全性がオンラインカジノと比べて低い傾向があることです。

オンラインカジノは海外の政府が発行しているライセンスを持つことで正式に運営ができる他に、eCOGRA(イーコグラ)やGLIなどのきちんとした第三者機関によって定期的に監査が行われているため、公平性や安全性が確立されています。

しかし、オンラインカジノは店舗が仲介として入ることで、不正なシステムの変更など、何かしらの不正が発生しているケースがあります。

このため、客が不自然に勝つことが出来なかったり、店側がほぼ必ず勝てるように仕組まれていることもあります。

万一勝つことができたとしても、店側が裏で配当金を横取りするという被害を受ける可能性もあります。
また、カジノカフェは反社会的勢力が絡んでいるケースもあり、その反社会勢力が中心となって不正を行っていたり、店舗が資金源になっている場合もあります。

以上のことから、カジノカフェはプレイヤーにとってはほぼメリットがないどころか、危険なことに巻き込まれる可能性もあるといえます。

オンラインカジノそのものは楽しくプレイできるものですから、自宅PCか個人の端末で安心安全を確保して遊ぶことをおすすめします。



コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。