オンラインカジノで勝つために必要なセルフコントロールを身に付けよう

バカラやブラックジャックなど、非常に人気が高いカジノゲームは世界中の多くのプレイヤーがプレイするおかげで、攻略法も多く編み出されています。
その証拠に、少し情報を検索すれば「この必勝法を使えばブラックジャックで勝つことができる」といったことや、「罫線を使うことでバカラの勝率を上げることが可能」など、様々な攻略法の情報を仕入れることができます。
どの情報も特に間違っていることはなく、確かに攻略法や罫線を使うことでバカラの勝率を上げることは可能です。
しかし、どんなに攻略法を勉強して使ってみても、思ったように勝ちを重ねることができないことや、「ここぞ!」という時にまさかの大負けをしてしまうなどして、蓋を開けてみるとそこまで収支がプラスになっていないという方は大勢いらっしゃいます。
その一方で、攻略法を駆使することでコツコツと利益を積み上げることができているプレイヤーも確かに存在しています。
では、攻略法を駆使してもなかなか利益につなげることができないプレイヤーと、コツコツと利益をあげることができているプレイヤーとでは何が違うのでしょうか?
その答えとして、セルフコントロールができているかどうかが大きな違いだと考えることができます。
では、どうやってセルフコントロールをすれば良いかというと、これはまず大数の法則を知っておく必要があります。
大数の法則とは、理論上の確率と実際の確率では、ゲーム回数を重ねるほどに結果が近くなっていくというものです。
これだけでは大数の法則がどういったものなのか分かりにくいので、バカラを例に挙げて考えてみましょう。
バカラは基本的に勝率が1/2のカジノゲームであるといわれていますが、プレイヤーとバンカーの他にタイがあるため、厳密には次の様な勝率となります。

・プレイヤーの勝率は約44.62%
・バンカーの勝率は約45.86%
・タイになる確率は約9.52%

この確率から分かることは、ゲーム回数を重ねるほどに実際の確率と理論上の確率が近づいていく大数の法則の法則が適用されると、どれに賭けたとしても勝利は50%を下回ってしまうことが分かります。
これは何がいいたいかというと、バカラは長期戦には向いていないということです。
このバカラの特徴を踏まえて、長期戦に持ち込む前に結果を出すために必要なのがセルフコントロールだといわれています。
では、その肝心のセルフコントロールとは一体何のかということについては、別の機会で詳細にご紹介していきたいと思います。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。