プロのギャンブラーの年収とプロになるための必要な能力とは?1

日本国内には合法的に運営されているカジノがまだないため、パチスロなどを含めてもプロのギャンブラーとして生活している人は少ない印象がありますが、合法的にカジノが運営されている海外では、プロとしてギャンブルで生活している人も少なくありません。
プロのギャンブラーというと手元にある資金額はばかにならないはずなので、年収がどれだけのものか気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか?
プロのギャンブラーといっても実力や成績は人によって異なるため、一言で「年収は○○万円です」などのような明確な基準はありません。
そこで、世界中で人気があり、プロもこぞってプレイしているポーカーを例に挙げて考えていきたいと思います。
ブラックジャックやバカラなどといったカジノゲームはディーラーを相手にすることが一般的ですが、ポーカーは他のプレイヤーと勝負するという大きな特徴があります。
さらに、スロットやルーレットのように運の割合がかなり大きいゲームと違い、ポーカーはしっかりとした実力があれば比較的安定して勝ち続けることが可能なカジノゲームです。
このため、ポーカーで生計を立てているプロのギャンブラーは世界中にいます。
さらに、ポーカーは世界的に人気が高くて競技人口も多いことから大会がいくつも開催されており、優勝することがかなり高額な賞金を獲得することが可能です。
実際にラスベガスで開催されている世界大会では、優勝できれば10億円を超えるほどの賞金を獲得できるといわれていることから、世界中のプレイヤーが一攫千金を夢見て日夜腕を磨き、力を競っています。
以上のことから、プロのギャンブラーは専門とするカジノゲームや実力によって年収が異なるものの、ポーカーの場合は億プレイヤーのプロのギャンブラーも存在すると考えられます。このことから、プロのギャンブラーは夢のある職業といえるかもしれません。
しかし、億を超えるほどの賞金を獲得するためには、並大抵の努力ではなかなか難しいことは確かです。
また、ポーカーは競技人口が多く腕の良いギャンブラーも多く存在していることから。そのような環境の中で秀でた力をつけてプロとして活躍するためには、かなりの時間と訓練が必要になります。
以上のことから、プロのギャンブラーとして生計を立てるのは簡単ではないどころか、他のギャンブラーの上を行く努力が必要とされますが、その努力の見返りとしてもらえる金額を考えると、一攫千金を狙うことができる職業と考えることもできます。

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。